目次

-2.190417, -79.8848

こんにちはー!!!!

現在地はコロンビアのメデジンです、私です( ´ ▽ ` )ノ
しかしブログはいまだペルーを脱出していませんでした。長いな、ペルー。でも今回こそは脱出します!!!

最西端を堪能した我々。
プンタ・パリニャスを見に行ったあと、そのまま次の街に移動することにしました( ´ ▽ ` )ノ

とっても、お目当ては隣の街、タララ
なかなか大きな街だし、丘の上にデカいキリスト像があったりして、楽しそうじゃん!!!って思ったんですよね。
何よりネグリトスではレストランもほとんどないし、野菜も食材も買えないし...。

という事で、昼前にチェックアウトしようとした我々。
困ったことに、オーナー一家がどこにいるのか、さっぱり分かりません( ゚Д゚)軽く軟禁状態。

ちなみに我々の泊まった部屋の隣に、長期滞在?なのか、スタッフ?なのかよく分からない人が住んでいて、普段はホステルの鍵の管理も彼がやっているらしいのですが、その彼も見つからない( ゚Д゚)

チェックアウトは...?料金もまだ支払っていないけど...( ゚Д゚)

しばらくオロオロ待っていたのですが、いつまでたっても誰も現れないので、仕方がないので共有スペースに宿泊料を置いて書置きを残して出て行くことにしました(;´Д`)うーん、余裕でバックレられるな...。願わくば、きちんとオーナー一家に宿泊料が渡っていますように...。

さてさて、タララまではコレクティーボですぐ。
この日の移動も余裕だな、と思っていたのですが、残念ながらこの日は日曜日。

なんとコレクティーボが出ていなかった( ゚Д゚)困った...。

コレクティーボが発着している道の角の商店で、タララまでの行き方を聞いてみると、コレクティーボの代わりに乗り合いタクシーが出ているとのこと( ゚Д゚)

なんとお値段、1人2ソル。

...コレクティーボと料金一緒じゃないですか...。大丈夫なんか、それで...。

とまぁ、かなり良心的な値段設定の乗り合いタクシーに乗って、無事にタララにたどり着くことができたのでした。
ありがとう、運転手さん。

で、タララに着いたらさっそく宿探し。
が、いかんせんこの街、大きい割に、セントロ周辺にホテルが全然見つからないのです( ゚Д゚)

ホテルは海岸沿いに集中しているようで、かなり歩く...そしてかなり暑い...( ゚Д゚)

もうめんどくさくなっちゃった我々。
タララは止めて、ペルー最後に立ち寄ろうと思っていた街、マンコラに移動することにいたしました。

タララからマンコラへは、コレクティーボに乗って約2時間ほど。
なかなかの山道でした。

ところで、このマンコラ...

ついてみてびっくり。なかなかにツーリスティックな街だったのですが、そんなところだとは全く知らなかった我々。いったいなぜ立ち寄ったのかと言うと、ただ単に、ふみ君が、この街の名前に惹かれたからっていう、だけなんですけど...。

...。

実際はこんな街ですヨ。

1805131813.jpg

ビーチリゾートですねっ( ´ ▽ ` )ノ
まぁ我々はビーチでは遊ばなかったんですけど。

ツーリスティックなエリアには欧米人の好きそうな宿とかレストランがたくさんありました。
我々はそんななかもうちょっと安く行けるだろう、ってことで、少しローカル寄りに外れた場所に、なんとか一人20ソルで泊まれる宿を発見してそちらに宿泊。

この街ではゆっくり選択したり旅の疲れを癒しただけなんですけど、記憶に残っていることと言えば、メルカドでシーフードミックスが激安で売られていたので、贅沢にシーフードリゾットを作ったことくらいです( ゚Д゚)あー、美味しかった。コロンビア滞在中の今、マンコラのシーフードの安さが恋しいです。

1805131812.jpg

マンコラのメインストリートを歩いていたら発見したアウトそうな看板( ´ ▽ ` )ノ
ちなみにこの後エクアドルでも目撃。まさかのチェーン店??( ゚Д゚)

さて、マンコラに数泊したのち、ついに長らく滞在したペルーを去ることにしました!!!
ペルー滞在は、なんと約1か月!!!南米の中ではかなり長いほうだな...(・´з`・)パラグアイは超えられないけど。

という事で、朝8時半発、135ソルのグアヤキル行きに乗って、いざ、エクアドルへ出発です!!!

バスの発着場所についてみると、予想外にバスはミニバスでした。大型バスだと思ってたのに...。どうやらこの先の街で乗り換えが発生するようです。大型バスにはその時に乗り換え。

赤道、と言う意味の国、エクアドルに向かう我々。地理的に、もうすでにだいぶ熱いです。ミニバス乗車中はもちろんエアコンなんてついていないんですけど、そこは窓が開いているので走行中は涼しい風が入って来てなんとかなりました。

そして途中の街で乗り換え。大型バスに変更となりましたが、これが南米としてはしょぼい作りのバス。

大丈夫かな、暑くないかな(;´Д`)

とドキドキして乗り込むと、意外にも中は冷房付き( ´ ▽ ` )ノやった!!!これでグアヤキルまで快適な移動ができる!!!!

と、思っていたのもつかの間...。

無事、国境を通過したところで、バスはなぜか冷房が切られてしまったのです...。

...。

...なんで...?(;´Д`)

そこからは約1時間ほど、汗だくになりながら車内で過ごしました。
なんでだよ...。なんで、最初はついていた冷房を、途中で切るんだよ...。窓もあかないし...。
エクアドルバスは、クオリティが低いのか...?

と、ふつふつとイライラが溜まっていったとき...

スタッフによる、長々とした何かの説明が始まったかと思うと、道路上でバスが停車。なにやら乗客全員が一斉に織り出したのです。

これは、まさか...。

バス、またも乗り換えです(・´з`・)
しかも、続いてやって来たのは、さっきとは大違いのなかなか立派なバス!!!今度は冷房がついている!!!

そのうえ、きちんとグアヤキル行きのチケットを買っていた我々。途中乗車の地元民を差し置き、優先乗車させてもらいました。おかげさまで席確保( ´ ▽ ` )ノまぁ、当たり前なんですけどね、席がなかったら、困るんですけどね...。しかし、途中乗車の皆さんは、何人も通路上に立って乗らなければならないありさまでした...。ガンバ(;´Д`)。

という事で朝8時半にマンコラを出発したバスは、なんだかんだ2度の乗り換えを経て、同日夕方4時ころ、無事にグアヤキルのバスターミナルに到着したのでした。

IMG20180502164006.jpg

グアヤキルのバスターミナルはショッピングモールのようでかなり巨大( ´ ▽ ` )ノ

このバスターミナルでは、アルバニアのシュコドラに長期滞在してノマドワークしていたころに会った、元高校教師のオオタさんと偶然にも再会( ゚Д゚)びっくりしたー。ほんと世界狭いです。

さて、グアヤキルはエクアドル最大の都市と言われていて、大都会です!!!
そして治安も悪いです...(・´з`・)過去に邦人も殺害されているし...|д゚)

そんなグアヤキル、都会なだけあって、宿代が高いともっぱらの噂。
我々、特に予約をとっていないので、とにかくセントロまで行って、しらみつぶしに探すことに...。

バスターミナルからセントロまでは、専用カードでしか乗車できない、メトロピアという乗り物で皆さん移動しているようですが、専用カードは払い戻しが効かないし無駄なので、我々はローカルバスで移動することに。なぜかローカルバスで移動した、と言う情報をネット上で見つけられなかったのですが、テルミナルを出てすぐのところにローカルバス乗り場があり、バスの車体もなかなか大きくて広々していて快適です( ´ ▽ ` )ノ周りの人にセントロ!セントロ!と声をかければ教えてくれるし、何より安上がりなので、ローカルバス、良いんじゃないでしょうか。

さて、バスは無事にセントロ近辺に到着。
人通りの多い大通りを歩いて中心地まで移動し、ホテル探しをします。

流石グアヤキル...。一見どこも高そうで、安宿なんてどこにもなさそうだったのですが、
たまたま通りがかったところに、ツイン14ドルの表示が!!!!( ゚Д゚)

えっ!?安くない!?

グアヤキルなんて、ドミトリーでも10ドル超えてくる、なんて噂を聞いていたのです。それなのにツインで14ドル...。これは穴場かもしれない。

見るとなかなか綺麗なホテルで、むしろホステルですらない。立派なレセプションの目の前には、エレベーターだってあるのです。エレベーターのあるホテルなんていつ以来であろう...。

部屋を見せてもらった結果、当初予定より値は張るけれど、2人で約19ドルの部屋、エアコン付きに宿泊することにしました。ドミで10ドル越えよりずっと快適でしょう( ´ ▽ ` )ノしめしめ。たしか名前はHotel 9 de Octubreだったかな...?

1805131816.jpg

さてさて、せっかく安い宿を発見できたものの、実際ペルーと比べてかなり滞在費が高くついてしまうのを実感するので、グアヤキルは1泊だけしてさっさとお暇しようと思います!

そうと決まったら、翌日はさっそく市内観光へ( ´ ▽ ` )ノ

まずはココ、カテドラルの目の前の、セミナリオ公園へやって来ました。
いったいこの公園、何が有名なのかと言うと...

1805131815.jpg

イグアナです( ゚Д゚)

ここ、セミナリオ公園には、たくさんのイグアナちゃんたちが放し飼いにされていることで有名なのです。
イグアナ、たくさんの観光客を前にしても動じず、リラックス...( ゚Д゚)
完全に慣れていますね。

1805131819.jpg

木登りイグアナちゃん(・´з`・)

1805131818.jpg

ちなみにこの公園、イグアナだけじゃなくてもたくさん( ゚Д゚)

でね、そんな彼らのね、共存の仕方がね、もうね...。

見てのとおり、イグアナの身体に普通に乗るわ、歩くわ、イグアナの顎のひらひらを啄ばむわ...(; ・`д・´)

それを見たとき思いました。ああ、イグアナの顎のひらひらがなんだかちょっとボロッちいのは、鳩に啄ばまれてるからなんだなって...。

でも、そんなことをされても、全く動じないイグアナちゃん(・´з`・)
怒らないし、無反応を貫くイグアナちゃん(・´з`・)

1805131814.jpg

予想以上に可愛い生き物でした(・´з`・)来てよかった♪

1805131820.jpg

さてさて、イグアナ公園の次は、川沿いの道を歩いてみます。
ここはマレコン2000と呼ばれる遊歩道だそう。
いつもやっているのでしょうか。屋台が立ち並び良い雰囲気です( ´ ▽ ` )ノ

治安の悪いことで知られるグアヤキルの中でも、このあたり一帯はかなり安全な地域だそうで。
カメラをぶら下げて歩くことができました。

1805131821.jpg

グアヤキルでも定番の写真撮影( ´ ▽ ` )ノ

1805131822.jpg

さて、マレコン2000の端には、大きな観覧車があったり、さらにその先には左奥に見える丘、サンタ・アナの丘があります( ´ ▽ ` )ノ

1805131823.jpg

サンタ・アナの丘は見てのとおりとってもカラフルな丘
南米ってカラフルな街並みが多いんですけど、チリのバルパライソしかり、アルゼンチンの(行っていないけど)ボカ地区しかり、そういうところって、大体治安も悪いところが多いんです。

そもそも南米では、高地に低所得者が住み、低地に高所得者が住むらしく、そんなわけで、ラパスやクスコやここのサンタ・アナなど、丘の上のほうに行くほどスラムが広がり、治安が悪くなるのだとか。

でもね、だからこそ街を可愛くペインティングして、観光客を呼び寄せ、治安改善を試みる街が多いみたい。
サンタ・アナもその一つと思われます。今ではメインの階段には多数の警官が配置され、観光客の安全をまもっているそうですよ( ´ ▽ ` )ノ

1805131824.jpg

こちらがメインの階段。一段一段番号が振られ、分かりやすい( ´ ▽ ` )ノ
でも、この階段から外れた脇道には、なるべく入らないほうが良いみたい。

1805131826.jpg

最後の数字、いくつだったかな...(;´Д`)400段以上登ったはずです。ついに丘の頂上に到着!!!
さらにサンタ・アナの丘のシンボルである灯台の上に登ってみます!!!

1805131828.jpg

上から見たグアヤキルの街並み。
うーん都会です。
そして天気が悪い...(;´Д`)画面奥は土砂降りですね。

1805131827.jpg

そして別の方角も( ´ ▽ ` )ノ
丘の上の教会と、その奥には別の丘が。

そんな感じでグアヤキル観光はおしまいです。この日は夜の便で、次の目的地、キロトアに向かって移動です!!!

iEcuadorエクアドル

時差-14時間
通貨1USD:約110円