目次

31.777237, 35.234017

こんにちはー!

もはやこんにちはで通します、私です。

エルサレムは3つの宗教の聖地がある、というのはご存知ですよね!今回はその3つの主要な観光スポットを巡ってみた話です。

まずは初日にも見た、嘆きの壁をもう一度。

f3cff76c8ad5be38904db52f10b0dbe2b252a46b.jpg

ここが嘆きの壁がある広場。

cfebef0ad61e88bd8ae66cf54d6b5fa9236bebf7.jpg

壁側から見た広場。エルサレムは坂だらけで、旧市街のごちゃごちゃした街並みが素敵に見えます。

41945522cca44f0455c7a9577a50c67717379651.jpg

で、その壁の横に、岩のドームがある神殿の丘に通じる歩道橋があります。

3af982acc31eba1f73c011fd44da038152f47345.jpg

で、そこからも嘆きの壁が見られるのです。

069f1736cc2ed2ea87f26a443bfa3da1c7881581.jpg

そこからレンズ越しに覗き見る私。感想は前回と同じくです。

mt-20160725153411.jpg

で、神殿の丘に入場。

aa64680734dff2bd2879745a0aa637b671d58ea8.jpg

綺麗なモスクですね、でも中には入場できません。

4c13b1ebee3b82c58c21daac77d3e9902f7f9744.jpg

ここからの眺めも中々なものです。

806a4b98cc0063c1f3cfe89ccadc8bbe5ac486ae.jpg

...はい。

今日の予定の3分の2を終えてしまいました。ちょっとスムーズすぎるな...(。-_-。)

それから何やかんやとあって(めんどくさいので細かいことは省きます)、最後の一つ、ヴィア・ドロローサは午後に行ってみました。

7091fd70f3e74be0d82e5907718d7a0157b075fc.jpg

知ってますか、ヴィア・ドロローサ。

ここはイエス・キリストが十字架を背負って歩いたと言われる、総督ピラトの宮廷から刑場のあるゴルゴダの丘までの道のことですよ!

ここにはイエスにまつわる出来事を記念した14のステーションが設けられてありますが、肝心の第1のステーションを素通りしたので、第2のあたりから。

475a7d2e5d03bda44cdafe63ca5d064d406fb37a.jpg

ちなみに各出来事を紹介する看板があったので撮っておきました。各々確認するように。

41092baa44fe531c58c942f3a3cea642256317bf.jpg

第3のステーション。兵士も一緒に。

このように、イスラエルではあちこちで兵士を見かけます。私のホテルに行くまでもいちいち検問を抜けなければなりません。めんどくさいです。

40242782f64d46a021611b02e9d3e862154cc791.jpg

そのすぐ近くに第4のステーション

44c113f75e967d4cd249e27113ad6816ce1bcfea.jpg

そして第5のステーション。

9f8196406555cdafc3035a4c1ec434c1586c2eb1.jpg

その後ふっつーのバザールを歩いてー、

790d8c54f3b171292aa09a03b7b6ae43370e7be4.jpg

第6のステーション。

mt-20160725201456.jpg

第7のステーション。

mt-20160725201628.jpg

第8のステーション。

mt-20160725202217.jpg

第9のステーションです。

こうやってみると、いかにも淡々と通り過ぎているようですが、実際はちゃんと、それぞれの地点で、何があったのか確かめつつ歩いていたのです。

ここで初めて倒れたとか、ここでマリアがイエスを見たとか。

そういったことを確認してると、信者ではない私としては、

(´-`).。oO(イエスは本当に実在したのだろうか。)

(´-`).。oO(実在したのであれば、どこまでが事実なのだろうか)

(´-`).。oO(ヨセフはマリアの不貞を疑わなかったのだろうか)

なんてことを考えてしまいます。(小声)

mt-20160725202742.jpg

で、第10から14までは、ここ、聖墳墓教会にあります。

着いたー!!

ということはつまり、ここがイエスが亡くなったところなのですね。

mt-20160725202924.jpg

中に入ると、パイプオルガンの音色が響き渡り、なんとも神聖な雰囲気。

mt-20160725202956.jpg

手前の石に、イエスの遺体をおろしたそうです。

熱心な信者が次々に手を触れていきます。

mt-20160725204808.jpg

イエスの埋葬のシーン。

mt-20160725203944.jpg

そしてイエスの墓。

ここに入るには、信者の列に並ばなければなりません。流石にその勇気はなく。

mt-20160725203903.jpg

私が訪れた時、ちょうどミサが行われていたのでしょうか。オルガンの音色。厳かな賛美歌の響き。

これらが石の壁を伝わって、教会内の隅々に響き渡っているようでした。

そのせいか、ここに来て初めて、全身の毛穴が開くような、ゾクゾクした感じを覚えました。

嘆きの壁、岩のドームと、あっさりスルーしてきた私ですが、まだ感動できる心が残っていたようです。

要はアレですね。

ホラ女の人って、雰囲気に流されちゃうところ、あるじゃないですか。

私も所詮女だったってことですよ( ´ ▽ ` )ノへいっ!

そんなこんなでヴィア・ドロローサと聖墳墓教会、大満足でした!!!

この次は、イスラエルを語る上で避けては通れない、パレスチナ自治区に行ってみようと思います!

iIsraelイスラエル

時差ー6時間
通貨1シュケル:約27円