目次

42.828313, 74.608961

昨日、無事トルクメビザをゲットしましたが、ウズベキ国境封鎖との情報が入り、ビシュケク延泊が決定いたしました!私です!

いやはや、何でもサミットが開催されるらしく、25日まで一部国境を除き物流もストップする本格的な国境閉鎖になるらしいです。ウズベキまではカザフスタンを経由して入国する予定ですが、カザフ入国後にやっぱり閉まっていましたではシャレにならないし、おとなしくキルギスに滞在することとします。

この点は中央アジア旅の大変なところですね。ちなみに、20日から29日にかけて、タジキスタンのパミール高原も封鎖されているらしいですよ(´・_・`)私はもともと今回の旅では行かない予定ですけど...。パミール高原のパーミットを販売しておきながら入域できないとは、なかなかやくざな商売をしていらっしゃる(´・_・`)

さてさて、のほほんと暇を持て余しているキルギス滞在。前回はカラコルにて、雨に降られて悲しい滞在となってしまいました。

私はもう、二度と、雨に降られはしない...!そう固く心に誓い、天気予報を入念にチェックした結果、日曜・月曜でイシククル湖のほとりに1泊2日の小旅行に行くことになりました。

しかし...!

インド・デリー入りして以来、常に誰かと一緒に行動していた私。

そう、そうなんですよ。デリー入りしてから本当に一人になることがないのです。マジです。マジマジ。

という事は実に3週間ぶりの一人旅です。孤独です。

しかも、南旅館で知り合った皆さんは一足先に男女7人で目的地に行っている...ヽ(;▽;)ノ
なんだそれ。超楽しそうです。
見送りするとき、まるで修学旅行の生徒たちを見送るような感じでした。
いいなー。みんなで長距離をマルシュルートカに乗って。
タクシーもシェアして。
ユルタの中で夜遅くまで語らうわけですね、分かります。

...。

やっぱりトルクメビザとか天気予報とか気にせずに着いて行けばよかったー!!!ヽ(;▽;)ノ

まあ今となってはすべて過ぎたことです。
それでは久々の一人旅の様子をば!

朝9時過ぎ、前日にプチ女子会で盛り上がったさやかさんと一緒に宿をチェックアウトし、西バスターミナルに向かいます。
さやかさんはここからカザフスタンのアルマトイに行くそうなので、ここでお別れ!
もしかしたら、旅中初めて出会った同い年の女性( ´ ▽ ` )ノホントに楽しかった...!
さやかさんありがとうございましたっ!

で、西バスターミナルにて、ボコンバエバ行きのマルシュルートカの出発を待つこと、2時間半...!

そうです。

マルシュは人がいっぱいにならないと発車しないのです。
ううヽ(;▽;)ノなかなか旅立てないヽ(;▽;)ノ

お昼頃、ようやく発車しました...。どうしよう...。着くのだいぶ遅くなるかなぁ...ヽ(;▽;)ノ

160622025.jpg

そのマルシュの車窓から。
目的のイシククル湖が見えてきました( ´ ▽ ` )ノ

160622026.jpg

移動中はどこを見ても絶景が広がります( ´ ▽ ` )ノ

午後4時過ぎ、ボコンバエバに無事に到着、現地のCBT(現地のエコツーリズムを運営しているNGOのオフィス?)で目的地のトン村のユルタを予約してもらいます。当日でもOKとは聞いているけど、本当に大丈夫かな...(´・_・`)どきどき。

私「すみません、今日トン村のユルタに泊まりたいんですけどー...」

CBTのおじさん「日本人かい?聞いてるよ!!!

えっええーっ!??

聞いているんですか!?(事前に何も予約とかしてなかったんすけど...)

CBTのおじさん「君はタカの友達かい?彼から来ると聞いていたよ」

えっええーっ!??

どんだけ気が利くんだろう、タカさん(´・_・`)
あとで彼にもメンズナックルのキャッチコピーを入れて遊んであげよう。そうしよう。

という事であっさり予約を取り付け、タクシーを呼んでもらってトン村に直行。

160622024.jpg

今回泊まったのはこんな場所っ( ´ ▽ ` )ノ

どうです!?

素敵でしょ!?

160622030.jpg

私が泊まったのはこのユルタ。いちばん小さいやつです。
だって一人だし...(´・3・`)

160622031.jpg

ユルタの中身はこんなんになっています。
1人なのに謎のふとん2組...(´・_・`)

160622032.jpg

天井部分はキルギスの国旗に似ているのですよ。

160622028.jpg

荷物を置いたら、宿の女の子たちに案内されて、さっそくイシククル湖へ。

到着したときはたまたま風がなくて、いつになくコンディションが良い様子。
いつも湖を見ているであろう彼女たちも、「湖がとてもきれいよ!」と声をかけてくれます。

うん、ほんとに。

160622027.jpg

湖が凪いでいて、空に溶けいるようでした。
本当にきれい。

宿の女の子たちは、「今から泳ぐわよ!!」とか言っているけど、

160622034.jpg

冷たいですけど。

「冷たいよ!!!」と言うと、「あったかいわよ!」と返されました。本気かな。

160622029.jpg

でも確かに泳いでいる人たちもいました。寒いのに...!

160622036.jpg

対岸にはなんかカッコいい山並みが見えます。

160622033.jpg

右側にもなんかカッコいい山並みが見えます。

160622023.jpg

なんなら後方にもカッコいい山並みが見えます。

160622035.jpg

いい感じの夕焼けを見ました。

160622021.jpg

夜は満月のためあまり星が見えませんでした。

160622022.jpg

早起きしてみた朝日。

どうでしょうね。まぁまぁ満喫できたんじゃないでしょうか!!!!

ところで。

満足して月曜日にビシュケクに戻ってきた私。
火曜日には半数以上のメンバーが同じく南旅館に戻ってきました。

修学旅行のように大人数でわいわい楽しんだ皆さん。
非常に楽しかった様子。そりゃぁそうでしょうよ...。

クソ生意気なテツヤ氏「トン村1人で面白かった?

......(´・_・`)

やっぱり寂しかったです!!!

ふーんだ!!!!

iKyrgyzキルギス

時差-3時間
通貨1キルギスソム:1.56円