目次

36.098269, -115.164063

こんにちは!

現在地はアメリカのラスベガスにいます、私です!前々回の記事で、私のバックパッカー旅が実質終了した、と書きましたが、ワケあって今日からまた再開しました。ここからは、再び一人旅を始めます!

でも、ラスベガスからレンタカー旅をする、と言っていたのに、なんで?と思いますよね。起こったことをそのままブログに書いてしまうのはどうなんだろうとも思いましたが、嘘を書き続けるのも気が引ける...。悩んだ結果、私の勝手な判断で、ざっくり理由を話すと、私とメンバー間の不仲により、私がラスベガスで脱退することになりました。

このあとこのブログで書くことは、そんなままならなかった人間関係を私目線で振り返るものです。あくまで私の目線になります。だからここから先、ある程度の時間を共有したレンタカー旅仲間の写真も、名前も、一切載せません。スッキリしない書き方になるかもしれません。でも、アメリカレンタカー旅編の記事を書かないことには、このブログは先に進めないので、どうなるかは分からないけど、できる範囲でしたためます。果たしてどうなるかな...?

さて、前回、ヒューストンで宇宙センターツアーを満喫した私。翌日、以前から約束していたメンバーとの合流地点であるラスベガスに、飛行機で向かいました。

遡ること2か月前。メキシコのオアハカにいた頃、私はまだアメリカビザもゲットしていませんでした。メキシコはとても過ごしやすい国でした。ご飯も美味しいし、雑貨も可愛いし、人は陽気で、観光地はとっても歩きやすい。何より、各宿の居心地が良かった。

特に、最初に訪れたサンクリと、その次に訪れたオアハカが、私は大好きでした。

今回のレンタカーメンバーのうち2人とは、サンクリの宿で出会いました。

ゲラゲッツァの関係で、サンクリに引き続きオアハカでの滞在も被ったことで、その頃いたみんなとはとても仲良くなりました。

彼ら二人を、AとBと呼ぼうかな。

オアハカのあと、アメリカビザの申請に行く予定だった私。そのことを話すと、AもBもアメリカ行きを考えているので、グランドサークル旅をシェアしよう、ということになりました。

オアハカを去り、メキシコシティにビザ取りに向かうとき、Aはぜったいにビザをゲットして来いよ〜と、送り出してくれました。私は、アメリカビザが降りるかどうか、本当に自信がなくて、でも、このメンバーで旅できたら、どんなに楽しいだろうと期待でいっぱいでした。そして無事にビザがおり、私はオアハカに戻ったのです。

オアハカにて、具体的にレンタカー旅の予定を煮詰める段階になり、Aは、自分の長年の友人であるCを日本から呼びたい、と言い出しました。Aの友達なら良い人だろうし、人数が増えたほうが楽しいし費用面も楽。何より、肝心の国際免許証を持っているのもCだけでした。

そんなわけで満場一致でCを召喚し、メンバーは決定。集合日を決めて、その後カナダに飛ぶ予定だったAを見送り、あとは残った私とBで、具体的なスケジュールと解散の日程を決めることになりました。

と、いうより、実質予定を立てたのは私です。

Aが去っていく前に私をグループリーダーに任命し、私の反対を押し切ってグループメッセンジャーに公開されてしまったからね。

Bも意見だしやチェックをしてくれたけれど、やはり組んだのは私で、AとCは「特に希望はないので全て任せた!」というスタンス。

最終的に、9月18日、ラスベガス集合、レンタカーを借り、10月10日にサンフランシスコで返却、ということになりました。

さぁ、予定は立ったぞ!!(*´∀`)

再びオアハカを出発する日、Bとはまたラスベガスでね!と再会を誓い、その時を楽しみに飛び立ちました。

そしてヒューストンにて。

何度も改定案を出した、スケジュールのPDFを見返してみる。予定の半分以上は見事に国立公園巡り。宿泊予定施設の欄には、一部地域を覗いてキャンプサイトの文字が続きます。なかなかハードな日程だけど、まあ大丈夫でしょう。予定表は何度もグループメッセンジャーに投稿してるし、反対意見はなし。疲れるかもしれないけど、このためにメキシコシティで寝袋とマットを買ったのです。

さて、ラスベガスの宿は、グループメッセンジャーを介してみんなと決めていました。booking.comやAirbnbを見て、立地的にもコスパの良かったエアポート・トラべロッジという宿を事前予約しておいた私。この日はみんな、直接その宿で集合です!いよいよ旅メンバーが全員揃うのか...!うーん、ドキドキする〜(*_*)

午後4時ころ、ついにベガスの空港に到着しました!ベガスといえば、カジノ!空港内に早くもゲームマシーンが溢れている様子にわくわくしつつ、メッセンジャーを確認すると、Bがすでに宿に到着し、チェックイン済みみたい!他の二人はというと...。二人は夕方の6時近くに到着か...。それでは、私もBに続いて宿へ向かおう!!

宿につき、Bとは久々の再会です。別れてから今までのことをお互いに聞き合いながら、いよいよだね、Cってどうな人だろうねと盛り上がります。そしてそれからしばらくし、ついにメンバーの全員が揃いました。

みんなではじめまして、よろしくの挨拶。そして一息つく前に、

まぁさっそく今後関係悪化の原因の一端となるプチ揉め事かここで起こるんですけどねっ( ゚д゚)はやっ!!!

おいおい、さっきまでの、夢いっぱい、ほのぼのモードは一体どうしたことか?

まぁこの日は別に喧嘩したとかではなく、ベッドの割り振りで意見の食い違いがあっただけなんですけどね。

ハイ。

何を隠そう、今回のレンタカーメンバー、私以外全員男です。全員私より年上の、30代、40代です。今思えば、その構成で旅に出ようと思った私自身にとにかく問題がありますね。もっと言うなら、変に旅人ズレしている私の判断力と、変に日本社会の基準のままになっている私の貞操観念とが衝突したのでしょうか。しかし1つ言い訳をするのならば、第1日目の宿を私が代表して選定・予約をとった時点で、私は以下のメッセージを全員に送ってます。

以下、原文まま。

ちなみに難点としてはベッドがキングサイズ?2台なこと。申し訳ないですが私は一人で寝たいので、じゃんけんか何かでいけにえを決めましょう。その人は寝袋です。

ハイ。

という前提があったので、早速地獄のベッド位置争奪戦を始めようとしたところでみんなポカン顔

え、まじで誰か1人床に寝るの?

という、予想だにしない反応が返ってきたのでした。

え?

そうだよ?言ってなかったっけ?( ゚д゚)(※言っています。メッセンジャーに履歴が残っています。ホテルはキャンセルOKと伝えていたし嫌なら代替案を受け付けるといっておきました。てっきり全員納得済みだと思っていたよわたしゃ。)

うーん、アメリカレンタカー旅編は仲違いによりだいぶ暗いブログになるかと思ったけど今なんか変にスイッチ入っちゃったな。テンション上がってきた。こうなりゃもうヤケクソでいつもの私節で書き連ねちゃいますか。ぶっちゃけこの件については今でも私悪くないと思ってるしいろいろと腑に落ちない。

ちなみに正々堂々、負ければ私が床で寝ます。寝袋あるし。マットもあるし。そこ、男女差別とか、するつもり無いから。区別したいだけでね。

が、しかしどうやらマジでみんな想定外だったようです。

「だってベッドこんなに広いし問題なくない?」

「別に誰も変なことしないよ」

「これが嫌ならテント泊のときとかどうするの?」

うるせぇんじゃ、おんなじセリフを会社の同僚女に言ってみろボケ( ゚д゚)

おっと、失礼、ウフフ。

もちろんね、そんなことは言っていませんよ。むしろ予想外の反応に頭が混乱してまともな反論もできなかったし、本質とそれたあやふやな説明しかできませんでした。まぁ、私の頭の回転が悪かったんですね。むしろこんなに私の反応がおかしい、自意識過剰だ、みたいな意図をチラつかされると、だんだんあれ?私、もしかしておかしい?みたいな気持ちになってきますね。いやいや待て待て、やっぱヤダ、ここはじゃんけんだ!ととにかく突っぱねたわけですけど。

でもみんなはとにかく心から私の言い分が理解不能(おいおい、メッセンジャー読んでないんか?)だったらしく、この場はいったん保留となりました。そんなことよりね、お腹も空いたしね、ご飯に行きましょうか?

と、ここで彼女持ちのBがアメリカ旅行経験者である彼女からの口コミをもとにIn n Outというバーガー屋さんに行きませんか?という大変有意義な提案をしたのですが...。

ここでもまたこの先の仲違いの一因となるかすかな違和感を感じることになるわけです( ゚д゚)

おうおうおう、

立て続けだなこりゃ、初日の集合1時間で。こうして振り返ると笑っちゃうくらい最初から不安要素だらけですね。もうますますハイになってきちゃうってもんです。こうなりゃ今回の記事をとことん面白おかしくまとめることを目指そうじゃないの。

え?

イヤ、私マジで落ち込んでるんですよ?もう超落ち込んでる!話を戻そう!!

とにかくお腹も空いたし、せっかくのベガス、初日はみんなで美味しいものでも食べに行きましょうか!と提案する私とB。これから4人旅をスタートさせるにあたって親睦を深める一番てっとりばやい定番イベント、食事に行こうか!と、疑いもなく考えてました。時刻も7時頃でちょうど良かったしね!

が!!!

「いや〜俺らもう食ってきちゃったし、まだまだお腹好かないなぁ〜それより後でビール飲んで終わりでいいかな。ふたりで行ってきなよ〜

え?

ふたりで食ってきちゃったの?飛行機乗る直前?え?初日から?

そうか...なんか...当然のようにここから親睦会が始まると思ってたけど...違う感じ...?( ゚д゚)

出ました、音楽性のちが...じゃなかった、旅のスタンスの違いですね。ここで早くも垣間見せてきました。

結局、この日はAとCがなにかに気づいて空気を読んだのか、4人で食べに行くことに。

LRM_EXPORT_213574228141755_20180928_155033017.jpeg

いやはや、今回写真を登場させるまで嫌に時間がかかったな。とにかくまとまりのない4人だけどみなさい、これがベガスだよ?

ホテルゾーンの一端を少しだけチラ見した初日。皆おのぼりさん全開でベガスの賑わいを写真に収めます。そして歩きながらもちょいちょい「今夜のベッドどうするの問題」が話題にのぼります。「まぁご飯食べてる間にゆっくり考えてよ。」「同じベッドでも誰も気にしないよ?」「というか4人で同じ部屋で、つまり他2人の監視があるわけでしょ?」

...そーじゃないんだわ。とにかく1人床で寝る人をじゃんけんで決めるって言ってるじゃん。え?ベッドがふかふか?うるせー旅人ならふかふかじゃないベッドの方がデフォなんじゃ!!

おっと...あら...イヤだ、ウフフ。

LRM_EXPORT_277343122237481_20180929_135033692.jpeg

そんでもってお目当てのIn n Outなるバーガー屋さんは距離が遠そうだったので、こりゃまたアメリカらしいフーターズに行ってみたのでした。セクシーおっぱいとお尻のお姉さんがいっぱいいる店ですねっ!うーん、アメリカ!

LRM_EXPORT_213249855872035_20180928_154508645.jpeg

そんなわけで初日の夜はフーターズにて初めての食卓を囲ったのでした。しかし最初は探り探り、いきなりひゃっほーいな感じにはならないよね。

私も今思えば、初対面でこれから打ち解けたい相手であるCに対してあまり踏み込んだ質問とかできなかったな。遠慮がちに、みんなの話題に乗っかる事しかしなかった。私から話す話題といえば、当たり障りのない雑談くらい。

フーターズのお姉さんたちを眺めながら、「みんなはおっぱい派?お尻派?」とかどうでも良い質問を繰り出すくらい。

コミュ障なんかな、私( ゚д゚)

さて、そんな初日の散策が終わり、ついに宿に帰ってきました。

男性陣「どう?気持ち変わった?」

私「いや、じゃんけんしますよ?

男性陣「まじか〜頑固だなぁ〜!」

そんな感じで

案の定私が床に寝ることになったわけです。負けたからね。仕方がない。しかしみなさんはまじで床に寝るの?意地になってない?と相変わらずの反応です。

まぁ、寝心地は良くないけどバス車内泊やアフリカの商店の前の細長いベンチで野宿とかよりは比べるまでもなく快適だよね。逆にいったいなんの問題があるというのか。(文句があるなら予約のときに代替案言っとけっつっといたろーが、やっぱり読んでないな?)

文句を書いていたら長くなってしまいました!きりがいいので今回はこのへんで!どう考えてもすれ違っている我々4人組、僅かな不穏因子を感じつつ、次回、いよいよグランドサークル旅へ出発です!さぁて、このテンションを保てるかな!?

iAmericaアメリカ

時差東部時間:-14時間
中部時間:-15時間
通貨1ドル:約112円