目次

-15.637128, -71.605742

こんにちはー!!!

現在地はペルーのチバイにおります、私です( ´ ▽ ` )ノ

本来、このチバイという街に立ち寄る予定なんてなかった我々。だってその存在すら知らなかったんですから。
今回はなぜそんな知りもしなかった街に来てしまったのか、という話。

プーノに2泊した我々。
プーノの次は、クスコに行こうと思っていました。
プーノからクスコへは、夜行バスで行ってちょうどよい時間。まる3日をプーノでリラックスして過ごせる計算です( ´ ▽ ` )ノというわけで、2日目の午後にテルミナルに行き、1人20ソルでクスコ行きのセミカマをゲットしていたのですが...。

実は、我々、プーノの街をぶらぶら散策しているときに、1枚のポストカードに出会ったのです。

それは、美しい谷に段々畑が広がる絶景。なんだこれは、どこにあるの??思わずお土産やのおばちゃんに尋ねました。
するとおばちゃん、コルカだよ、アレキパの近く、と教えてくれたのです。

アレキパか...ここから西のほうにある街だよね。アレキパ自体は、訪れる旅人も多いので知っています。

我々二人は二人とも、この絶景に興味をひかれつつも、立ち寄るべきか、決めかねていました。悩んだ末、今回はアレキパには寄らず、クスコに行くことにしていたのですが...。

プーノ最終日、セビーチェを食べているときに、ふみ君がふと、言ったのです。

ふみ君「アレキパは行かなくて良いんだけどさぁ...(コルカの拠点になる)ヤンケには行きたくない?

でもね、クスコ行きのバスチケットをすでに持っている我々。

しかしながら、レアもの好きの私。ポストカードに出会った瞬間から、何かしらの縁も感じていました。20ソル?私にとってははした金だよ(・´з`・)

ふみ君「ちょっとマジで行くならさ、クスコ行きの20ソルは俺が負担するから

いやいや、いいんだよ。

お姉さん、別にそんなもん気にしないから!!!!

とりあえず、ヤンケへの行き方、調べるか!!!!!

というわけでプーノ最終日、クスコ行きのバスの時間(夜10時半)まではまだまだ時間があるお昼の時間に、我々は急遽予定変更を視野に入れ、ヤンケ行きの方法を模索し始めたのでした。そしてその結果、そのあたりの観光の拠点としては、チバイという街が良いのではないか、という結論に達したのです。

そうと決まれば、さっそくテルミナルへ。残念ながら、プーノからチバイへの直通バスは、高いツアーバス以外にない模様。チバイへ行くには、とりあえずアレキパを経由しなければなりません。クスコ行きの二人分のチケットを持っていた私。同じバス会社の窓口を訪ねると、やっぱりありました!!!アレキパ行き!!!!ダメもとで、今夜のクスコ行きを、アレキパ行きに変えてもらえないか聞いてみます。

すると、チケットの変更が可能かどうか、電話で確認をとってくれる窓口のお姉さん。無理かと思っていたのに、やっぱりペルーの人、みんな親切( ´ ▽ ` )ノなんとなんと、一人5ソルの手数料で、アレキパ行きに変更できることになりました!!!というわけで、クスコ行きを蹴り、アレキパ行きに乗車決定です( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに手数料の5ソルは結局ふみ君が負担してくれました。いいのに...。お姉さんに甘えちゃえばいいのに...。

プーノからアレキパへは、夜10時45分発の夜行便。翌朝5時、まだ寒い早朝に到着しました。

IMG20180408063218.jpg

アレキパのテルミナルにて。ちょっと中華料理っぽいお店だったので、鳥のスープを注文。パスタ入り。
見るからにマダガスカルのスープシノワーズを思い出すこの1品。ごめん、スープシノワーズよりずっと美味い(・´з`・)鶏のお出汁が最高でした!!!

IMG20180408083539.jpg

さて、アレキパには1泊もせずに、朝8時半のチバイ行きのバスチケットを購入。さっそく乗り込みます。
ところでバスの車体には、いつもバスの設備を表すマークが色々描かれているんですけれど、このトランプのマークがいったい何を意味するのかかなり謎です。1人1個トランプセットでももらえるのかな。もらえたら超うれしいけど。

...。

...やっぱりもらえなかった(・´з`・)トランプ欲しいよう。

IMG20180408163043.jpg

プーノから1000メートルほど標高の下がったアレキパから、またぐいぐい山登りをしてたどり着いたのがこちら、チバイ!!!標高3635メートルの街です( ´ ▽ ` )ノ下がったの一瞬だけだから、高山病対策とかしてないけど、大丈夫だよね...。

なんだかこちらに移動してみると、おばちゃんたちの衣装も少し様変わり。写真の像のような素敵な民族衣装になりました。というかチバイと言い、周辺の村々は、すべてこのような色んな像が立っていて、それを見ているのも楽しいです。

着いたらさっそく宿探し。テルミナルのほど近くに、ツインで35ソルの部屋を発見しました。ホットシャワーもWiFiもあり!!!Booking.comで調べていたよりも、これはかなり安い( ´ ▽ ` )ノ

IMG20180408162650.jpg

メルカドのほうも散策。
これはなんのお肉...?

IMG20180408162704.jpg

あぁああああ(;´Д`)
アルパカちゃんでした...!!!アルパカちゃんの首がちょん切れちゃってる...(;´Д`)

IMG20180408162730.jpg

そんなお肉にされちゃったアルパカちゃんを運んでいるすぐ横では、足をピンと張ったアルパカちゃんがおしっこをしていたのでした。おしっこの後はうんちをしていたのでした。

もうね、おしっことうんちをしている姿すら可愛いなんてね、反則にもほどがあるってもんです。

IMG20180408164307.jpg

さてさて、アルパカちゃんの可愛さに癒されたら、夕日の時間まで時間があるので、近くの展望スポットに出かけてみます。これはチバイにあるインカ橋( ´ ▽ ` )ノインカ橋でググるともっと歴史ありそうなたいそうなものが出てくるんですけど、チバイのインカ橋はなんなんでしょうね?よく分かりません。

IMG20180408165324.jpg

あっという間に頂上に。
コンドルのモニュメントが出迎えてくれました( ´ ▽ ` )ノ眼下にはチバイの街並み。
ほら、素敵なロケーションでしょ?

IMG20180408165427.jpg

実はチバイの街からずっと3匹の犬に後を付けられていたんですけど、ワンちゃんたちもチバイの街を見下ろします。

IMG20180408165719.jpg

頂上にはちょこちょここういった石を積み上げた遺跡?のようなものを見かけました。
これなんか、穴の中が博物館になっているらしく

IMG20180408165734.jpg

中には壺とかが置いてあります。生活の後?の展示かな?

IMG20180408165844.jpg

歴史ある石畳の道や塔が絵になります。

IMG20180408170532.jpg

この日の夕日はここで迎えたのですが、遠くの雨雲に近くの虹等、各方向に忙しく写真撮影をするふみ君。
初日からかなり良いロケーションに恵まれました( ´ ▽ ` )ノ

IMG20180408172950.jpg

すると、三脚やカメラを抱えた現地人のおじさん2人と、民族衣装を着たおばさんが登場。
なんだろう。なにやらPV撮影???

盛んに一緒に踊ろう!!!!と誘われ、3度目にして(サンセット・シューター、ふみ君の写真撮影が忙しくてお断りしていたのです)ついに我々も謎のビデオに出演。3人で輪になって踊ったのでした。なんだこれ(・´з`・)
まぁ楽しかったからいいんだけどねっ。

そんなチバイ滞在一日目。
最後にふみ君の撮った綺麗な虹の写真で締めくくり( ´ ▽ ` )ノ

rerer2.jpg

(出典:Bunkoh Styleさん)

こんな感じでチバイ自体も十分素敵な場所なんですけど、翌日はいよいよ大本命のコルカ・バレーコルカ・キャニオンへ( ´ ▽ ` )ノそこではまさかの奇跡と絶景が待っていたのでした...。

続く!!!

iPeruペルー

時差-14時間
通貨1ソル:約32.98円