目次

-49.33197, -72.884089

こんにちはー!!!

現在地はチリのプエルト・ナタレスです、明日からいよいよパイネに片足を突っ込んできます( ´ ▽ ` )ノ

さてさて、前回弾丸プエルト・モントとバリローチェを済ませた私。翌朝早朝、ついにパタゴニア最初の目的地、エル・チャルテンに向けて移動です。

エル・チャルテンまではバスで約25時間。今回は国境越えもないので楽なはず...。ただし丸一日娯楽がないのは悲しいので、どうかどうかUSBチャージができますようにとドキドキしながら乗り込んだところ、案の定期待を裏切られました。まぁ、そんなもんだよね、アルゼンチンバス(´-`)

それはいいんですけど、このバスチケットを買うとき、ご飯は夕飯しかついていないよ、と聞いていたので、お昼は休憩所の売店でハンバーガーを買って済ませました。美味しくはないが、まずくもない。で、唯一ついている夕飯はどんなものかしら、と待っていると...。

食パン|チーズ|食パン|チーズ|食パン

というなんともシンプルかつしょぼいメニューがぽいっと提供されたのでした。え?マジ?

もうね、私は言いたい。

いっそご飯を出してくれるなと、まだお昼に買ったハンバーガーのほうがマシってものです(-_-)

そんなわけで最後までアルゼンチンのバスクオリティにがっかりさせられながら到着したエル・チャルテン。ここはパタゴニアのシンボルの一つ、フィッツロイトレッキングの拠点の街でございます。

近づくにつれて景色も壮大になり、エル・チャルテンの街が見えたかと思うと、その向こうにフィッツロイが早くも姿を現しました。おおお...( ゚Д゚)フィッツロイかっこいい...。

まぁ、この日は曇りで風も強かったので、すぐに隠れちゃったんですけどね( ゚Д゚)

で、そんなフィッツロイでは、バスターミナルの近くの宿、コンドル・デ・ロス・アンデスにチェックイン。ここでうしゃ&びびる夫妻と待ち合わせです( ´ ▽ ` )ノ
夫妻は今日はトレッキングに出かけているらしいので、合流は夕方。宿の共有スペースでパソコンを広げて待っていると、窓の外に、ご機嫌な様子で戻ってきた夫妻の姿と、もう一人...。

うしゃ&びびる夫妻と、この宿で会ったという、世界一周旅人、あやのちゃんの3人と無事合流しました( ´ ▽ ` )ノ

みんなは早朝からご来光を拝むべく、フィッツロイトレッキングに出かけていたものの、分厚い雲にさえぎられて、今日はフィッツロイを見ることができなかったそうです( ゚Д゚)ありゃりゃ、私が見かけたのも一瞬だったからなぁ...( ゚Д゚)

そんなわけで、みんな改めて別の日にもトレッキングにチャレンジすることに。

そして翌日。

この日は天気予報通り、朝からあいにくの雨( ゚Д゚)買い物にすら出かけられない天気の中、みんなでおしゃべりをしながら宿で待機。お昼頃にようやく雨が止んだので、お昼ご飯の買い物も兼ねて街をぶらぶら。

エル・チャルテンの街は建物がどれもこれもとっても可愛い( ´ ▽ ` )ノ
街の端から端まで、簡単に歩けてしまいそうなこじんまりした街で、のんびりしていて非常に居心地が良いです。
物価は高いけどね...( ゚Д゚)

そして午後、お昼を食べ終わって宿でくつろいでいたところ、さっきまでかかっていた雲が晴れ、ついにフィッツロイが姿を現しました!!!!

...ていうか、めっちゃいい天気!!!!( ゚Д゚)

という事で、3時半過ぎですが急遽トレッキングに行くことに!!!

1803061602.jpg

宿を出てまもなく。街からもフィッツロイを拝めます( ´ ▽ ` )ノ

1803061603.jpg

途中、エル・チャルテンの街を振り返ってみると...。ほんとにコンパクトで可愛らしい街だな...。そしてなんてすごい場所にあるんだろう...( ゚Д゚)

1803061604.jpg

フィッツロイのミラドール(展望台)を目指している途中の様子。とっても気持ちの良い場所です( ´ ▽ ` )ノ

さて、ここからフィッツロイのミラドールまでは、1時間~2時間程度。道はそれほど険しくなく、難易度は低めです。ただし時間が遅いこともあって、歩くスピードが少し早いので、私はついて行くのに必死(;´Д`)体力つけたいな...。

1803061605.jpg

そして無事、ミラドールに到着。フィッツロイが完全に姿を現しています( ´ ▽ ` )ノまさに絶景。

1803061607.jpg

もうちょいアップで。逆光で眩しいけど、十分その雄姿を堪能することができました( ´ ▽ ` )ノ

1803061608.jpg

なんと偶然にも、日本からの団体ツアー客の皆さんがいたので、ガイドさんらしき男性に集合写真を撮ってもらいました。さすがガイドさん。完璧です(*´Д`)完璧すぎます(*´Д`)

1803061609.jpg

ふと空を見上げると、なんとコンドルが飛んでいました。初めて見たコンドル( ゚Д゚)憧れのコンドル...!!!

1803061610.jpg

ミラドールの看板の前でも記念撮影( ´ ▽ ` )ノ今度はセルフタイマーで頑張ってみました。

1803061611.jpg

展望台からもうちょっと開けてるスポットを目指して少し前進。

これは...フィッツロイの...ポーズ...( ゚Д゚)

...( ゚Д゚)

ちなみに強風にあおられ、プルプルと何度も足を付けてしまう私を見て一同大爆笑。私の運動おんちっぷりが見事に露呈しました(-_-)

1803061612.jpg

本当はもっと先の超綺麗な湖まで行きたかったのですが、そこまで行くには大変険しい岩山を超えて行かなくてはならず、夜遅くなってしまう上に、すでに雲が出てきてしまったので、ここで断念。行きとは別ルートで、湖を見ながら帰ります( ´ ▽ ` )ノ

到着翌日、早々にフィッツロイの姿を拝むことができて、大満足です。

1803061623.jpg

そして翌日。
この日は朝4時半に起きて外の天気をチェックしたものの、天気予報通り分厚い雲がかかり、とてもご来光は望めそうにないのでそのまま二度寝。念のため日の出に合わせて起きてくると、やっぱり案の定、フィッツロイは雲の中でした...(;´Д`)

とはいえ、前日の完璧なフィッツロイに味をしめた我々。せっかくなのでこの日は、ラグーナ・トーレというもう一つの見どころを目指してデイトレッキングに出かけることに。ラグーナ・トーレまでは、フィッツロイとは別のルートから、こんな階段を登って目指します。

1803061613.jpg

昨日よりさらに開けた丘を登って...

1803061615.jpg

遠くに見えるあの山の方向を目指します。

ラグーナ・トーレのトレッキングコースは、アップダウンが少なく初心者にも簡単、とは聞いていたものの、歩いてみると案外疲れます。なにより機能に比べ、距離が長い...(;´Д`)

1803061616.jpg

なんだかんだ、1時間ほどで、まずはセロ・トーレのミラドールに到着。セロ・トーレというのはこの看板の右側にあるようなとんがった山らしいのですが、曇っていて全く見えず...(;´Д`)

1803061617.jpg

氷河はけっこう見えるんだけどなぁ...( ゚Д゚)

...。

というか私、氷河を見るの、これが初めてだ...!!!( ゚Д゚)

1803061618.jpg

あの氷河がそそぎこむ、青い湖はどんなにか綺麗かしら...(*´Д`)がぜんやる気になったので、気を取り直して先に進みます。少し、葉っぱが色づいてきている...かな...?

しかしこの日は、先を急ぐうしゃ&びびる夫妻が、一足先にエル・カラファテへ移動する日だったので、余裕をもって宿に戻るべく、昨日より早歩き。

...ふぉおおおお!!!!けっこうしんどい!!!( ゚Д゚)そして長い!!!!

1803061619.jpg

で、宿を10時半ごろに出てから歩き続け、午後1時すぎ。ついにラグーナ・トーレへ到着...!!!

...( ゚Д゚)

...あ、あれ...?

湖、茶色い...( ゚Д゚)

1803061620.jpg

なんだかコレじゃない感がハンパないのですが、人生初氷河も見れたことだし、良しとしますか( ゚Д゚)

1803061622.jpg

帰りも余裕をもって夕飯を食べるべく、ひたすら早歩き。自分史上最高にスピードを出したトレッキングでした( ゚Д゚)
山から下りてきて、眼下にエル・チャルテンの街並みが広がったときは、また格別の風景( ゚Д゚)

さてさて、そんなこんなでうしゃ&びびる夫妻をここで見送り、またエル・カラファテで再会することに。私は最後にもう一回ご来光にチャレンジするべく、エル・チャルテンにもう一泊することになりました。

と言っても、天気予報ずっと雨なんですけどね...( ゚Д゚)

そしてあくる日。

早朝、またまた早起きして外を確認するも、案の定な空模様...( ゚Д゚)
結局この日も、フィッツロイのご来光を拝むことはできなかったのでした。

こればっかりは自然の事。仕方ないですね。
私も15日までにプンタ・アレナスへ行かなくてはいけないというミッションがあるので、フィッツロイにチャレンジできるのはここまで。最終日は、チャルテンの街で名物の羊料理を食べながらリラックスして過ごそうと思います...!!!

...そう...。

アルゼンチンと言えば、牛ですが、

ここ、パタゴニア地方では、羊肉が美味しいらしいのです( ゚Д゚)

実は前日に、宿で知り合った年配のご夫婦が、宿の人におすすめされたレストランに行き、たいそう美味しい羊肉を食べたそう...。

ここは、美味いものには出費をいとわない私&あやのちゃんコンビで、昼からお肉を食べに行こうではありませんか( ´ ▽ ` )ノ(※ダイエット中です)

1803061627.jpg

やって来たのは、こんなお店。世界各地の車のナンバープレートが飾ってあって、なかなか味のある素敵な店内。山リゾートなので、どこもかしこもレストランの内装が可愛くてうきうきします。

1803061625.jpg

アルゼンチンと言えばワインも有名なので、せっかくなので私もワインをいただく( ´ ▽ ` )ノでも一人じゃ飲みきれないので、半分以上はあやのちゃんにパス。あやのちゃん、ありがとう( ´ ▽ ` )ノ一人じゃワインなんて注文できませんでしたよ。

1803061628.jpg

まずはお通し?のパン。焼きたてふわふわのパンに、カボチャのディップが添えられています。おしゃれ(*'▽')これはメインに期待が膨らむ!!!

1803061624.jpg

そしてお待ちかねのメインは、牛と羊のダブル注文!!!!
こちらの牛ステーキの分厚いことと言ったら!!!(*'▽')日本では出てこないサイズ感ですね!!!

火の通りも注文通りのレアで、大変柔らかく美味しい( ´ ▽ ` )ノそれに、付け合わせのマッシュポテトが、何とも美味なのです。

1803061629.jpg

そしてお目当ての羊のシチュー( ´ ▽ ` )ノ
野菜が盛りだくさんで栄養満点。レンズマメが優しいお味なのです( ´ ▽ ` )ノ
羊肉は全く臭みがなく、しかもたっぷり、柔らかい(*'▽')
芯まで温まりました。二人とも大満足。

というわけで、エル・チャルテン、山のリゾート。

山に、グルメに、最高に贅沢なひと時を過ごしたのでした( ´ ▽ ` )ノ次はエル・カラファテに移動です!!!

iArgentinaアルゼンチン

時差-12時間
通貨1ペソ:約5.36円