目次

35.898314, 14.51057

こんにちは、孤独系バックパッカーの私です(。-_-。)

早速今から脱出しますが、現在地はマルタ島です。

mt-20160816164210.jpg

マテーラに後ろ髪を引かれつつトルコ航空

mt-20160816191610.jpg

イスタンブールの空港でトランジット13時間だったので、

mt-20160816195455.jpg

ここぞとばかりに伝家の宝刀、プライオリティーパスを使い

mt-20160816204133.jpg

無駄に2つのラウンジをハシゴして空港泊しました。いやぁ、ラウンジのご飯でお腹いっぱいです。

mt-20160817083636.jpg

その上翌朝の便でもまたまた機内食をいただき、もう完全デブまっしぐらです。

さて、孤独系バックパッカーの私、いったい何がそんなに孤独だったのか、マルタで3泊もした様子を駆け足で振り返りたいと思います。

mt-20160817205532.jpg

まずヴァレッタです。

小さな小さな島国マルタ。宿は首都であるヴァレッタに固定することにしました。

他の街でもそうなのですが、いきなり歴史ある遺跡が街に馴染んでいます。その様子がなんとも素敵で、街の入り口からテンションマックス

mt-20160817205821.jpg

坂道の街マルタ。ヨーロッパらしい縦列駐車の風景が素敵です。

mt-20160817211423.jpg

坂の向こうに美しい海が広がり

mt-20160817212208.jpg

広場にはオシャンティなカフェが。

mt-20160817215311.jpg

そう、ヴァレッタは街が素敵なのです。こんな素敵な街になぜ1人で乗り込んでしまったのか、これはもうMだからとしか言いようがありませんね。

mt-20160818203948.jpg

さて、マルタは実写版ポパイのロケ地として有名です。あのほうれん草食べるアイツです。

ポパイの村はそのまま公開されていて大変可愛いというので行ってみました。

mt-20160818204002.jpg

でも、あれ?ちょっと待ってください。

mt-20160818204021.jpg

ポパイ村は今や一大テーマパークなのですよ??

mt-20160818204126.jpg

テーマパークって言ったら、カテゴリ的にはディズニーランドとかUSJとかそのようなものです。

mt-20160818204354.jpg

そんなテーマパークに、いったい1人で乗り込んで、何をしようっていうのです??

mt-20160818204631.jpg

しかも行きのバスに乗り間違え、帰りのバスにも乗り間違え、ポパイ絡みで約5時間も移動に時間を費やしながら、滞在時間はわずか15分程度といった有様。

mt-20160818204915.jpg

水着姿の観光客がキャピキャピしている中、なぜポパイパンチも食らうことなくすごすご退散しているのか、それはもう、Mだから、としか言いようがありませんね。

mt-20160817220649.jpg

さらに島国・マルタは入り組んだ湾岸が特徴的な国。海を挟んだ向こう側に眺める隣の街がなんとも素敵です。

mt-20160819233355.jpg

ビューポイントがあちこちにあります。

mt-20160819234417.jpg

要塞都市の面影がそのままの荘厳な眺め。

mt-20160818223350.jpg

中でも圧倒的なのはやはりスリーマから眺める対岸のヴァレッタの街並み

なんてロマンチックなのでしょう。なぜこんなロマンチックポイントを1人で闊歩しているのか、それはもうMだから、としか言いようがありませんね。

mt-20160818023653.jpg

さてこのような街では当然シーフード料理を食べなければいけません。

mt-20160819014418.jpg

名物ウニのパスタ。

mt-20160819210443.jpg

名物タコのパスタ。

mt-20160820175821.jpg

名物ウニのパスタ(ビアンコ)。

なぜこんなにパスタに偏るのか、それはもう好きだから、としか言いようがありませんね。

mt-20160818225035.jpg

ちなみにこんなのも食べました。

mt-20160819003912.jpg

さて島国・マルタは当然リゾート地です。海岸沿いは海水浴を楽しむ人々で溢れています。砂浜が少ない、独特のビーチも素敵です。

mt-20160820172842.jpg

しかし私は1人で海水浴をしたりはいたしません。ただ1人でバスを乗り継ぎボートに乗り込み、

mt-20160820173226.jpg

青の洞門を観光したり、

mt-20160820211409.jpg

ただただ1人でバスを乗り継ぎボートに乗り込み、

mt-20160820212156.jpg

かのコミノ島まで1人で繰り出し

mt-20160820212453.jpg

かの有名なブルーラグーンの透明度を確かめに行ったりするのです。

mt-20160820212955.jpg

雲ひとつない炎天下の中、ビーチしかない小さな島に

mt-20160820211922.jpg

水着も着ないで上陸するのです。

mt-20160820214117.jpg

なぜそんな事をしてしまったのか、それはもう、ドMだからとしか言いようがありませね。

mt-20160819214141.jpg

でもね、マルタには他にも有名な遺跡とか教会とかたくさんの見所があるのです。例えばこの、聖ヨハネ騎士団修道院。

mt-20160819220227.jpg

入り口で音声ガイドをもらい、じっくり中を見て回ります。

床にはは亡くなった騎士達の墓標。

mt-20160819225609.jpg

天井には聖ヨハネの一生を描いた見事な天井画。

mt-20160819223617.jpg

中央の祭壇もさる事ながら、

mt-20160819224728.jpg

いくつもある小さな礼拝堂もお見事です。

このように、マルタにはお一人様でも楽しめる、高尚な、インテリ向けな、私のような旅人にぴったりな場所もちゃんとあるのです。

ちなみに、音声ガイドの内容はペースがゆっくりな上に人名が果てしなく多くて、聞いている側から抜けて行きました。

mt-20160819234808.jpg

あぁ、麗しの城塞都市マルタ。(国だけど)

本当に素敵な場所でした。

mt-20160820001027.jpg

ジェラートも美味しかったし。

ここは新婚旅行にカナリおすすめですね!!!!

iMaltaマルタ

時差ー7時間 サマータイム中
通貨1EUR : 114円