目次

-15.838157, -70.026018

11 / Apr / 2018

プーノ滞在と世界一周バックパッカーの観光以外の日常(食生活メイン)

こんにちはー!!!!

現在地はペルーのチバイにおります!私です( ´ ▽ ` )ノ
日本人旅人はあまり訪れることのないマイナーな場所ですが、かなりいいところです!!!
高地にも果敢に挑んでいけるライダーさんには特におすすめしたいですねっ。

さてさて、ブログはプーノ編でした。プーノ観光のメインであるウロス島を滞在初日に終えた我々だったのですが、活気のあるプーノの街の雰囲気が気に入り、せっかくなのでもう1泊することに。

特にホテル・マンコ・カパック・インの熱々水圧抜群シャワーの魔力にやられたっていうのもあります。もうね、シャワーから出られないかと思った(・´з`・)

というわけで、今回はそんなプーノで過ごしたバックパッカーの日常について、番外編的にお送りします。

IMG20180405141901.jpg

プーノはなかなか大きく活気のある街です( ´ ▽ ` )ノ
大きなメルカドも複数あります。
我々長期旅のバックパッカーは、旅の期間が長い分、普段はこういったローカルな場所でご飯を食べて節約します( ´ ▽ ` )ノローカルな皆さんの生活も垣間見えてとっても楽しいしねっ。決して普段私が投稿しているようなおしゃれカフェやレストランで豪遊しているばかりではないのですよっ!ほんとですよっ!!

IMG20180407112112.jpg

特にチチカカ湖では、セビーチェ(ラテンアメリカの魚介のマリネ)が食べられると聞いたので、ちょっと高いけど探してトライ。こちらは宿近くのメルカドで10ソルでした。トルーチャ(川マス)だからね。もっと安い魚だと5ソル。ちょっとピリ辛でとても美味。
特に南米では、揚げ物メインの脂っこい食事が多いので、セビーチェみたいな爽やか系のメニューには癒されます( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに脇に添えられている緑のピーマンみたいなものは案の定ピーマンではなく唐辛子。こういったものは「ピカ?(辛い?)」と聞いてみるとたいてい「辛いよ~」と言われるので注意しましょう(・´з`・)

IMG20180407125508.jpg

メルカドの食堂も美味しいですが、路上の屋台飯を簡単につまむこともしばしば。
ボリビア、ペルーではコロッケに外れナシでした( ´ ▽ ` )ノこちらは野菜コロッケ。しかも卵入り。南米ではとにかく野菜が食べたくなるのです。不足しているから。

IMG20180405143018.jpg

ペルー名物と言えば忘れちゃいけないのがコレ。インカコーラです( ´ ▽ ` )ノ

コーラ好き代表として飲まねばなるまいとプーノに来て早々買ってみました。コーラの定義とは何か、今一度見つめなおさなければならない、まぁいわゆる普通のエナジードリンクだったわけですけど、この辺りでは大変人気の飲み物なのです( ´ ▽ ` )ノ

IMG20180406121742.jpg

メルカドを散策しているとこういったものにも出会いました。

クイと呼ばれるネズミでしょうか(・´з`・)可愛い。もうメッチャ沢山いて、どいつもこいつも可愛いのです。会いたかった。あなたに。クイさん。ペルーでは絶対あなたに会おうと思ってた。

IMG20180406124647.jpg

なんでかって食べたかったから。
もう食べちゃいたいくらい可愛い。ゴメンネ、可愛い連呼しながら食べる事しか考えていません。
残念ながらローカルな店でクイを食べられるところを見つけられなかったので、フツーにツーリスティックなお店で食べちゃいます。

IMG20180406132156.jpg

という事でハイっあの可愛子ちゃんがすっかり料理されて出てきました(・´з`・)
ふみ君は頭が付いていないことに何やら不満げです。そーだよね。頭がないとビジュアル的インパクトに欠けるよね。

IMG20180406132228.jpg

2人で同じものを食べてもアレなので、せっかくだからアルパカちゃんも食べちゃいます。アルパカちゃんだって、食べちゃいたいくらい可愛い( ´ ▽ ` )ノ

で、肝心のお味は...。
クイはあんがい脂っこい感じ。とにかく骨が邪魔で食べるのがしんどかった...。地元の人曰く、ゼロコレステロールのアルパカちゃんは、確かに淡白であっさりしたお味。私はアルパカのほうが美味しかったかも!!!( ´ ▽ ` )ノ

IMG20180406114233.jpg

でもね、ローカルフードや普通の外食だけでは満たされない欲求もあります。
たまには自炊で野菜を摂取したり、日本風なものを食べたくなるのがバックパッカーなのです。
というわけでマンコ・カパック滞在中に自炊もしたりしました。

まずはメルカドで食材を仕入れましょう。こちらのお店では卵を購入したのですが、全世界各地で売られているニワトリのおもちゃがリアルニワトリと共に吊られている姿がなんともシュール。

IMG20180406190244.jpg

私は普段キッチン付きのお宿でしか自炊をしないのですが、元チャリダーのふみ君はさすがに自炊グッズを持っています。それでもまな板やナイフまで持っているわけではないので、キッチンなしのホテルで自炊するときはかなりの工夫が必要...。

普段食材を入れているタッパのふたをまな板代わりに、パタゴニアでアウトドア旅に憧れて衝動買いしたプラスチックのカトラリーセットのナイフが思いのほか役に立っている...( ゚Д゚)でもこれでねぎを切るのは結構大変です。その横でふみ君は小さな小さなナイフでほかの食材を切ってくれています。全体的に入れ物が不足するのでビニール袋を皿代わりに使ったり。大変でしょ、パッカーって。

IMG20180406190446.jpg

出ました。こちらが自炊派バックパッカーの超便利アイテム
これさえあれば電気が使えるところでは自炊ができるのです。まぁ簡単なメニューに限りますけどね( ´ ▽ ` )ノ

この日はメルカドで仕入れた激安のトルーチャを使用して雑炊を作りました( ´ ▽ ` )ノ
私のタッパもこういう時は食器として使えて便利。衝動買いのカトラリーセットも、今思えば虫の知らせだったのでしょうか。まさかこうもすぐに役に立つとはね。あの時私の衝動買いを目撃して「こいつこんなもの買うんか...」って顔で見てた旅仲間の原さんに報告したい...。役に立ったよ...。最近常に役に立ってるよ...。

IMG20180404175110.jpg

ちなみにちゃんとキッチンのついている宿だったら、これくらい野菜もりもりの料理も作ります。
ふみ君特製野菜スープ。鶏だしが美味いのです。本人曰く鳥の内臓が手に入るともっとうまいんですけどねっ!私はパラグアイでも食べさせてもらって以来、ずっとこれを食べたかったのです。野菜不足のボリビアでこれを作ってもらった時は感激でした( ´ ▽ ` )ノ

さてさて、バックパッカーの日常が常に食の事ばかりを考えているかと言えば、そうでもありません。
我々二人は二人ともブロガーだし、プーノ滞在を伸ばしたのはゆっくり休憩しつつブログを書き貯めたい、という意味もあったりします。

それにしてもボリビアとペルー。高地にある割に暖房付きの宿が皆無です( ;∀;)なのでいつもかなり寒い。2人とも布団に入ってブログを更新しています。だから昼の間は太陽の日差しを浴びるサンルームなんかで過ごしたほうが心地よい。で、ホテル・マンコ・カパック・インにも最上階にサンルームがありました( ´ ▽ ` )ノ

IMG20180406171711.jpg

しかも筋トレマシンがたくさんあった( ´ ▽ ` )ノ嬉しい人には嬉しいですよね。
元プロボクサーでもあるふみ君も久々にトレーニングをします。生で打ち込み見るの初めてなので楽しい(・´з`・)でも高地なのですっっっっっごく疲れそう(; ・`д・´)これがいわゆる高地トレーニングってやつなのですね。

IMG20180406180645.jpg

と、こんな感じで旅をしている我々にも休憩時間があり生活の時間があります
これは生活に欠かせないトイレットペーパー。南米ではホテルやバス、休憩所のトイレにペーパーが設置されていないこともしばしば。このホテルにはペーパーが用意されていたものの、延泊するうちに足りなくなったので近くの商店で補充。芯の部分に別のペーパーが詰まってますね。お得です(*´Д`)

IMG20180407163817.jpg

で、そんな観光もせずにダラダラしているだけの一日なのかと思いきや、夕方晴れていたら見晴らしの良い丘に登ってみたくなっちゃったりも。このきつすぎる坂をゆっくりゆっくり上って...。途中から岩と砂利だらけのプチトレッキングルートをはぁはぁ良いながら登ると...

GOPR0158_1523303955545_high.jpg

こんな開けた風景が広がっていたりするのです( ´ ▽ ` )ノ
自由に、気ままに。そんなバックパッカー生活。

ちなみにここから帰る際、複数の野犬?に猛烈に吠えられながら囲まれました(;´Д`)
元チャリダーのふみ君、野犬に絡まれ慣れているだけあって、こういう時は動かずにじっとしていれば向こうも寄ってこない、と冷静なのですが、この時ばかりは様子が違い、どんどんにじり寄って来る犬たち。

ヤバい。

マジで噛まれる...(; ・`д・´)

と、思った瞬間、登ってる途中で挨拶を交わした地元のおばちゃんが、大きな声で野犬たちを振り払ってくれたのでした( ;∀;)おばちゃん...!!!!( ;∀;)ぐらしあす( ;∀;)

そんなプーノの一コマ。どんな一日にも何かしらのドラマがありますね。
以上、バックパッカーの日常でした( ´ ▽ ` )ノ

Peruペルー

時差-14時間
通貨1ソル:約32.98円