目次

-16.495474, -68.138649

7 / Apr / 2018

元気だった?6度目の再会と世界一標高の高い首都、ラパスの展望

こんにちはー!!!!

現在地はペルーのプーノにおります、私です!!!
しばらくカメラの故障でブログの更新意欲がわかず、滞ってしまった...( ;∀;)
でもなんとかプーノにいるうちにリアルタイムに追いつきたい!!!そしてこの先、クスコでマイカメラを治したい!!!!そんな気持ちで頑張っています。

さてさて、前回ボリビアの知られざる首都、スクレを満喫した私が次に向かったのは、メジャーな方の首都、ラパスでした( ´ ▽ ` )ノ

スクレからラパスはいろいろなバス会社を回ったもののみんなフルカマで値段もおんなじだったので、南米旅中初めてのフルカマバスに乗る、という贅沢をやらかしました。180ボリなり。高いな...。でもおかげさまで暖房が効いていて快適でした。ウユニ-スクレ間の安いバスはいったい何だったのか...。

しかししかし、そこはボリビアクオリティ。バーニョ(トイレ)付、と銘打っておきながらかくしてその実態は開かずのバーニョ。鍵がかかっていたのです。
夜19時発、朝7時着のバスだったのですが、道中一度だけトイレ休憩があったもののその時尿意があまりなかったためにスルーしてしまった私。明け方にトイレに行ってみてびっくりです。開かないじゃないの!!!!

そんなわけで約12時間の道中一度もトイレに行っていないという大変体に悪い事態となりました。ほんと私、トイレが遠いほうで良かったです。朝7時、無事にラパスのバスターミナルに到着し、ようやくトイレにありつけたのでした。しかも案外余裕があった...。自分の身体がどうなっているのか気になります...。

そんなラパス。ボリビアの中では、治安が悪いと有名です。まぁ、南米の都会はどこも治安が悪いのですけどね。ウユニやスクレはかなり治安がいいので、久々の都会、気を引き締めなければなりません。なるべくバスターミナルから遠くない宿にしようと、目を付けていた「IntiWasi」というホステルを目指します。

ここはラパスでも最安レベルの宿。そのせいか日本人が沢山集まることで有名です。しかし私が到着したときには客は少なく、日本人らしい姿は皆無。ま、そんなものかしら。南米の日本人旅人の最盛期はもう過ぎるころだしなぁ...と思っていました。チェックインし、Wifiをつないでネットをしていると、毎度おなじみのある人物と連絡が付きました。

その人物には、4月2日にラパスに到着する予定だと伝えていたものの、その時点ではまさに2日にラパスを出発する予定だ、との釣れない返事(・´з`・)

ちなみに私、4月3日に旅立ち2周年アニバーサリーだよ?(お祝いしてくれない?ちらっちらっ|д゚))

なんてメッセージを送っても、「おめでと!」の一言(・´з`・)

...くそっ。

......やっぱりつれないやつだな、ふみ君め!!!

そーなのです。パラグアイで別れたふみ君と2か月ぶりにニアミスしているのです。
それでもうラパスを出たかしら、と思いつつ連絡をしてみると、ちょうど今からバスターミナルに向かうところだ、とのこと。あーあ、やっぱりすれ違いか(;´Д`)と諦めかけたその時...。

なんと隣の宿にいることが発覚( ゚Д゚)バスターミナルに向かう前に、宿の前で会おう、という事に!!!!

というわけで、私を世界最南端の町にいざなった変態旅人、ふみ君と約2か月ぶりにラパスで再会しました( ´ ▽ ` )ノ久しぶり!!!!元気だった???

聞くとふみ君、まだ次の目的地までのバスチケットは買っていない模様。なんだ!!!それなら、こっちのホテルにチェックインしてラパスに延泊しなよ!!!そっちよりこっちのほうが10ボリ安いよ?一緒にラパスの夜景を見に行こうよ~!!!!!

と、ダメもとでごり押ししてみると、「夜景なんて毎日見てたんだけど」と言いつつもなんだかんだであっさりOK。

...え!?OK!?

っということで、案外釣れるもんですね、ふみ君。釣れました。ふみ君が釣れたところでいざ、ラパス観光スタートです( ´ ▽ ` )ノ

ところでラパスではまず最初に行きたいところがありました。
それはSonyのサービスセンター( ;∀;)

そうです。私のカメラは相変わらず故障しているのでした。だからできればラパスにあるサービスセンターで修理を試みたい...。というわけで予めSonyのボリビア公式サイトで調べていた場所に行ってみることに。

それにしてもラパスの街歩きは疲れます。
何が疲れるって、ここは標高3600m。相変わらず高地なのです。
しかも、ほぼほぼ坂道の無かった快適なウユニと違い、ラパスは坂道だらけ。それも、急な坂道だらけなのです。

そんなこんなでぜいぜいはーはー言いながら到着したサービスセンター...。

...えっ。こんなところに本当にあるの?という場所を突き進みながらやって来たわけですが、閉まっています( ;∀;)

...なぜだ?今日は月曜日だぞ。時間が早すぎたのかもしれない、と思い、パイナップルジュースを飲んだり、サルティーニャ(エンパナーダの一種らしいです)を食べたりして時間をつぶすも、午前10時になっても相変わらず店が開く様子はありません。

仕方なしに近くにいたおじさんに聞いてみると、今日は休みで、明日開く、とのこと( ;∀;)
え~?だって今日月曜日だよ~~~??と、どうにも腑に落ちないのですが、そういえば直前がイースターだったので、もしかしたら何か関係しているのかもしれない、と、無理やり納得して引き下がったのでした。

...はぁ...。

すると何か、明日もあの坂道を登って、ここに来るのか...。

一気に気がめいるわけです。正直だるい。あと、ホントにボリビアのこんなしょぼそうな(小声)サービスセンターでSonyのフルサイズミラーレスの修理なんてできるのだろうか、という思いもあるわけです。なんなら期待していません。もうこうなったらSonyの代理店も尋ねてみたい。そう思って我々は、サービスセンターに赴いたその足で、さらに800m程離れたSonyの代理店らしきところまで行ってみることにしたのでした。

で、結果は、ホントにこんなところにSonyの代理店なんてあるのか!?という場所を突き進み、ついにはそれらしき店を見つけられなかったのでした。だよね~。ボリビア。だよね~。そういえばここって南米最貧国とか聞いたことあったな。

失意の我々。ボリビアではカメラは治らない気がする...。そんな思いが増すばかりの私。まぁいい。気を取り直して、観光でもしようか。

すると、ふみ君が、以前ロープウェイから見下ろしてものすごく気になっていたという、大きなお墓がここからすぐ近くにあり、ぜひとも行ってみたい、というので、行ってみることにしました。

IMG20180402110037.jpg

それがここ。こんな感じのお墓。
国が違えば、お墓の様式も当然変わりますよね。なのでこういった場所を散策してみるのも、知らない世界に触れられてなかなか面白いです。
お墓観光だなんて不謹慎だろうか、とふみ君は(言い出しっぺの割に)結構気にしていたのですが、私に至ってはルーマニアとウクライナで2階もお墓観光をしちゃっているので、もはや開き直っております。

なんだかアパートみたいに仕切られたお墓。それぞれの窓には綺麗なお花や写真が飾られています。

IMG20180402110635.jpg

不謹慎かもしれないけれど、大規模で綺麗なお墓でした( ´ ▽ ` )ノ

さてさて、元々ラパスでは夜景さえ見られればいいや、と思っていた私。特にこれと言った観光スポットを回ることもなくぶらぶら宿まで帰ります。

IMG20180402113329.jpg

帰りがけに見かけた屋台にて。
一瞬西アフリカに戻ったのかと思いました( ゚Д゚)なんなんこの、ブードゥー教のマーケットで売られているみたいなミイラは。いや懐かしいな...。

IMG20180402132123.jpg

そして密かにツボだったのがこれ( ´ ▽ ` )ノ
私は地球の歩き方を持っていないので本当に掲載されているのかは分からないのですが、
怪しさがすごい(・´з`・)

IMG20180402132207.jpg

と思ったら別の店舗もありました( ´ ▽ ` )ノ
相変わらず怪しさがすごいのです(・´з`・)

IMG20180402135938.jpg

お腹が空いたのでお昼は屋台で。
高地にあることもあってか、ボリビア飯は大概の旅人から評判が悪いです(・´з`・)お米は必ずぱさぱさになっちゃうしね。でもこちらは案外おいしくいただけました。ぱさぱさご飯にお肉のソースがかかっている丼もの。それにしても野菜が不足するな...。

IMG20180402142031.jpg

こちらの屋台で嬉しかったのはシメのスープが付いてくるところ( ´ ▽ ` )ノ
スープ飲みたかったんだ~!!!ボリビア飯って揚げ物メインなイメージがあって、何というか30代のわたしの身体にはすこ~しこたえるわけです。もたれるよ...。そういうわけで比較的あっさりいただけるスープ系の食べ物を常に私は所望します。これは羊!!!!!って感じの肉肉しい味がしたけどとても美味しかったな(・´з`・)

さてさて、しばらく宿で休んでから、夕方ごろ、ついにラパスで唯一のお目当て、展望スポットまで出かけます。ラパスのすり鉢状の街を見渡す夜景は、旅人ならば是非とも見ておきたいところ。しかしながらボリビアの中ではかなり治安が悪いと言われているラパス。夜景観光に行くのであれば、なるべく複数人で行動することを推奨されています。

まぁ実際にはさほど治安の悪さを感じる場面はなかったのですが、そこは普段は夜間外出をしない私。やっぱり一人は心細いのです。ふみ君がいてくれてホントに良かった~~~( ´ ▽ ` )ノ

IMG20180402171720.jpg

展望スポットまではラパス名物の立派なロープウェイで出かけます。
こちらはロープウェイ乗り場の前で売られていたもの。

うん。

アレにしか見えませんね。触るのもドキドキしました(別に触る必要などない)(・´з`・)

IMG20180402172212.jpg

定番の撮影スポットで記念撮影( ´ ▽ ` )ノ

それにしてもラパスのロープウェイ、かなり立派です。正直ボリビアを舐めていた...。まさかこんなに近代的な代物があろうとは...。この調子でSonyストアのほうもどうにか進化させていただきたいものです。

そしていよいよロープウェイに乗車( ´ ▽ ` )ノこれが乗っているときの景色(後半)です。
地元の人の会話とか、私とふみ君のかなり他愛もない会話とか、正直余分な情報盛りだくさんの動画なのでご注意ください。

ふみ君曰く、ラパスの街は、坂の上のほうに行くほど貧困層になっていくらしい。なので上に登るほど街の様子が興味深いのです。ええ、自分で調べろって話ですね、分かります。

IMG20180402174518.jpg

登り切ったところで降りると、こんな可愛らしいアルパカちゃんたちに遭遇しました( ´ ▽ ` )ノ(ちなみに私にはリャマとアルパカの見分けがつかないので以降リャマとかアルパカとか適当に形容しますのであしからず)
2017年の11月末に南米に降り立ってから早4ヵ月。ここに来てようやく間近でラマ系の動物を見ることができました。ついでにちょっと触ってみました。ふわっふわっ(・´з`・)可愛すぎ!!!!

IMG20180402184042.jpg

そしてようやく念願の展望スポットへ( ´ ▽ ` )ノ
しかしながら私の格安スマホのカメラではやっぱりどうしても納得が行かないので、ふみ君の綺麗な写真をもらっちゃいました。ありがとう。というわけで以下、出典はBunkoh Styleさんですよっ(http://bunkohstyle.hatenablog.com/)( ´ ▽ ` )ノ

DSC07592.jpg

ある日のラパスの街並み(出典:Bunkoh Styleさん)

yyteeのコピー.jpg

とってもきれいな夕景( ´ ▽ ` )ノ(出典:Bunkoh Styleさん)

おいうのコピー.jpg

とってもきれいな夕景、別の角度から( ´ ▽ ` )ノ(出典:Bunkoh Styleさん)

DSC07810.jpg

そして噂の夜景( ´ ▽ ` )ノ(出典:Bunkoh Styleさん)

流石にとても綺麗でした( ´ ▽ ` )ノ鬼のように寒かったけど...。

IMG20180402183425.jpg

一人では来るのしんどかったな...。ありがとうふみ君( ´ ▽ ` )ノ
良い写真を撮りつつ、こだわりの旅を続けつつ、「パイオニアであり続けたい」と語った彼の鼻にはだがしかしティッシュが詰まっていたのでした( ´ ▽ ` )ノ

IMG20180402191700.jpg

帰りはまたまた屋台飯。何かものすごくしょっぱいパスタをいただく。パスタ自体はまぁ良いんですけど、これに添えられていた芋?か何か?謎の食べ物が非常にまずかったのでした。

IMG20180402201633.jpg

ラパスの夜。夜の賑わいも楽し気です( ´ ▽ ` )ノ

しかし夜景を見てしまったら正直もう見たいものが特にありません。標高の高い街で坂道だらけっていうのがしんどいっていうのもある。

え?カメラ?

いや~、ボリビアじゃ治らないっしょ!!!!クスコクスコ!!!!ペルーで治すよ!!!!

ってことでラパスは1泊だけにしてコパカバーナに行っちゃいます!!!ちゃおっ!

Boliviaボリビア

時差-13時間
通貨1ボリビア―ノ:約15.3円